【公式無料動画】テセウスの船の配信を1話からフルで全話視聴する方法|竹内涼真・鈴木亮平・あらすじ感想

テセウスの船のアイキャッチ画像

2020年1月期にTBS系で放送されたドラマ「テセウスの船」。最後まで真犯人がわからない本格サスペンスドラマで、ファンによる考察も話題となりました。

本記事ではテセウスの船を無料で視聴する方法を紹介します。

ポイント
  1. テセウスの船はParaviで独占見放題
  2. Paraviは初回2週間無料体験ができる
  3. TBSの名作ドラマやバラエティーも見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

テセウスの船の動画を無料でフル視聴する方法

テセウスの船の動画はTBSが運営している動画配信サービスのParaviで独占見放題です。

地上波では放送されなかった未公開シーンを含めたディレクターズカット版が視聴できます。

テセウスの船はParaviで独占見放題

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円(税込)の動画配信サービスですが、2週間無料体験ができます。

2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

Paraviの料金・無料体験を解説

ParaviはTBSで放送された名作ドラマ・バラエティーなどが見放題の動画配信サービスです。

Paraviの概要をまとめると次の通り。

Paraviの概要
  • 月額1,017円でTBSの人気ドラマ・バラエティーが見放題
  • クールドラマの見逃し配信もあり
  • 2週間無料体験ができる
  • 無料体験中に解約した場合、料金は一切かからない
Paraviの図解

Paraviで見放題のその他ドラマ

Paraviで見放題のドラマやバラエティーを紹介します。作品数が多いので、ここに記載できるのは一部のみです。

  • 半沢直樹
  • 私の家政夫ナギサさん
  • MIU404
  • ブラッディ・マンデイ
  • 恋はつづくよどこまでも
  • テセウスの船
  • アンナチュラル
  • グランメゾン東京
  • GOOD LUCK!!
  • MR.BRAIN
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 大恋愛
  • 凪のお暇
  • ビューティフルライフ
  • 水曜日のダウンタウン
  • パパジャニWEST
  • マツコの知らない世界
  • モニタリング
  • バナナマンのせっかくグルメ
  • モヤモヤさまぁ~ず など

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を実際の画面を使って解説します。

STEP.1
公式サイトに移動する
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動したのち「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成する
Paraviの登録方法②

Paraviアカウントを作成します。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力する
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択する
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択したら、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心してください。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

利用規約に同意にして「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

テセウスの船のあらすじ・出演キャスト

あらすじ
生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。
人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。
そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。
父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。
引用元:TBS『テセウスの船』公式サイト
出演キャスト
田村心…竹内涼真
佐野和子…榮倉奈々
車椅子の男…安藤政信
田村鈴…貫地谷しほり
佐々木紀子…芦名星
長谷川翼…竜星涼
田中正志…せいや(霜降り明星)
徳本卓也…今野浩喜
佐野鈴…白鳥玉季
佐野慎吾…番家天嵩
田村由紀…上野樹里(特別出演)
金丸茂雄…ユースケ・サンタマリア
石坂秀夫…笹野高史
井沢健次…六平直政
木村さつき…麻生祐未
佐野文吾…鈴木亮平

テセウスの船の感想まとめ

当サイトでは、テセウスの船が好きな人の感想を集めてみました。

テセウスの船は、主人公が父親がかかわったとされるある殺人事件の無実を信じて奔走していく作品ですが、その過程で現代と過去を行き来することになります。
そして、父親以外の真犯人の姿が徐々に浮かび上がっていくわけですが、その過程が注目なのです。
また、真犯人は主人公の父親をある理由で恨んでおり、それがきっかけで父親に死刑にするために動いていたのですが、その動機が最後まで分かりません。
過去にタイムスリップしたときに主人公は父親と再会をしており、そのときに話しを聞いていますが、本人は心当たりがないと言うのです。
つまり、恨まれる理由が全く見当がつかない状況で、主人公の父親は死刑囚にされてしまったわけです、真犯人が誰か?ということと同じくらいにこの動機の部分は視聴していたときには気になっていました。
その動機の部分はドラマが進むごとに徐々に核心に近づくことになりますが、確実には予測できませんでした。
真犯人の正体はなんとなく予想がついたものの、その動機は最終回を見るまで分からず、それによって最後まで楽しませてもらったと思っています。
私の場合には最終回で真犯人が主人公の父親に向かって、自身の動機を話し始めるシーンが最も印象に残っており、その動機の内容はこれまでの回の伏線が効いた内容だったと感じました。
竹内涼真くんが出演というとことミステリーというところで惹かれて見たのがきっかけです。
毎回見るたびに犯人誰だろう、あの人も怪しい、この人も怪しいと犯人がなかなかわからない次も早く観たくなる感覚と、竹内涼真くんが演じている心さんも思わぬ行動して自分だったらこうするのにというむず痒さ…とても面白いです。タイムスリップ系は個人的に好きなのですが、あり得そうであり得ない感じが上手く描かれていて世界観に入り込めるような作品になっています。
上野樹里さんはのだめカンタービレのイメージしかなく他の作品はほとんど見たことがなかったのですが、この作品を見てから大好きな女優さんになりました。
このミステリーの大事なキーパーソンでもあり、最後には素敵なシーンが待っていて上野樹里さんと竹内涼真くんのシーンは毎回見応えがあり楽しみな場面でもありました。
大事なのはこの事件の新犯人ですが、1番あり得ないなという人が犯人だったので本当にエェ?!という感じでした。もちろん他のキャストさんもぴったりだなぁと思うくらいにはまり役だったと思います。
鈴木亮平さんもかっこいいし、榮倉奈々さんも私自身妊娠中に見たのでなんとなく榮倉奈々さんの妊婦姿にも惹かれてついつい見てしまいました。
最近見たミステリーの中でキャストさん含め1番好きだなと感じました。
心の父は殺人犯として逮捕されたのだが、心の結婚相手のゆきが父親のことを信じてみたいと言ったのを胸に、心が過去にタイムスリップして、真実を突き止めるというのが見どころです。
心は最初佐野文吾のことを犯人としか見ていませんでしたが、文吾の行動を見たり、2人で話したり、家族との過ごし方を見ていくうちに、段々とこの人は犯人ではないと思うようになりました。
そうやって少しずつ、自分の家族と向き合い、自分の家族はこんなに笑顔溢れる家庭でいい家族だったんだということを感じながら過ごしている心さんに感情移入して、ウルウルときていました。
心さんが過去の自分の家族と過ごす、ほのぼのとした時間を見るのがとても楽しかったです。
肝っ玉母ちゃんの、心さんの母は、ドーンと構えてかっこいいなと思いました。文吾が犯人だとされたときにマスコミが家に押し寄せて、帰れ!と追い返したシーンが印象的でした。
犯人かな?と思う人がことごとく亡くなっていき、誰が犯人?と最後の最後まで分からずおもしろかったです。
心さんのつめが甘いところにやきもきしながら毎回見ていましたが、最後は必ずハッピンエンドで終わると思いながら見ていました。とても引き込まれておもしろいドラマでした。
テセウスの船を全回通して見終えた感想を一言で表すと家族愛に溢れた作品です。
特に息子であるシンさんと父である佐野文吾の父息子の愛が深く、とにかく涙が溢れます。
父に向けられた冤罪に苦しむ息子であるシンが、父が犯したとされる罪の真相を突き止めるためにタイムスリップするという斬新な設定に正直、違和感さえありましたが、すぐにそのミステリアスな作品の雰囲気に引き込まれてしまいました。
犯人は誰なんだろう?という疑問と恐怖が大部分を占めながらストーリーが進む中、やはり佐野家の温かさがミステリアスで暗い雰囲気の作品の中のヒカリのような感じかしていました。
私が好きだったのは、佐野家の母を演じる榮倉奈々さんのサバサバした演技でした。
すごく温かさを感じるお母さん。
お父さんである鈴木亮平との夫婦の掛け合いがとても雰囲気が良く、家族の温かさを1番よく感じられるシーンだったのではないかと感じます。
犯人は、意外な展開で犯行動機もなんだか、それまでのストーリー展開にはにつかわないほどちっちゃな動機に感じてしまい、負に落ちないもので少し残念にも正直感じてしまいましたが、最後の最後にやはり佐野家らしい温かみがあるエンディングでクスッと笑えるシーンに救われました。
「テセウスの船」は、流石は日曜劇場という感じのゴージャスな内容のドラマだったと思います。
なんといっても、主役の竹内涼真の他にも、鈴木亮平さんや上野樹里さんとい主役級の俳優さんがたくさん出演していて、出演者が豪華すぎです。
そして、それぞれが全力な感じの演技を繰り広げていて、見ごたえがありました。
特に印象的なのは鈴木亮平さんで情熱的な感情MAXという感じの演技が迫力があって、ものすごかったです。
そしてストーリー的には、タイムスリップしながら過去と現代を行き来して、大どんでん返しに次ぐ、大どんでん返しという感じで、犯人の目星が付いたと思ったら、その人物が亡くなってしまうという感じで、奥が深かったと思います。
事件を小学生が起こして、一連の事件の真犯人なのではという件で、何故小学生が残虐な事件をという感じで闇が深かったです。
緊迫したストーリーの中で、希望的だったのが上野樹里さん演じる竹内涼真さん演じる主人公の妻で、いきなり亡くなってしまいますが、その後世界の変化によって蘇り、主人公の支えになっていたと思います。
また特殊メイクも印象的で、鈴木亮平さんと榮倉奈々さんが加齢している感じが凄かったです。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です