【公式無料動画】35歳の少女の見逃し配信を1話からフルで全話視聴する方法|柴咲コウ・キャスト・あらすじ感想

35歳の少女

2020年10月期に日本テレビ系でスタートしたドラマ「35歳の少女」。主演の柴咲コウさんの演技が初回放送後から話題となっています。

本記事では35歳の少女を無料で視聴する方法を紹介します。

ポイント
  1. 35歳の少女はHuluで独占見放題
  2. Huluは初回2週間無料体験ができる
  3. 日本テレビの歴代ドラマやバラエティーも見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

35歳の少女の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

35歳の少女の動画は日本テレビが運営しているHuluで独占全話見放題です。

1話から広告なしのフルで視聴できます。

35歳の少女はHuluで独占全話見放題

Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム
Paravi

Huluは月額1,026円の動画配信サービスですが、2週間無料体験ができます。

2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

Huluの料金・無料体験を解説

Huluは日本テレビで放送された人気ドラマ・映画・アニメ・バラエティーなどが見放題の動画配信サービスです。

Huluの概要をまとめると次の通り。

Huluの概要
  • 月額1,026円で日本テレビの歴代ドラマ・映画・アニメ・バラエティーが見放題
  • 見放題作品数は6万本以上
  • スマホやタブレットに動画をダウンロードできる
  • 2週間無料体験ができる
  • 無料体験中に解約した場合、料金は一切かからない
Huluの図解

Huluで見放題のその他ドラマ

Huluで見放題のドラマ・映画・アニメ・バラエティーを紹介します。作品数が多いので、ここに記載できるのは一部のみです。

  • 今日から俺は!!
  • 親バカ青春白書
  • 私たちはどうかしている
  • ハケンの品格
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 凪のお暇
  • あなたの番です
  • ノーサイドゲーム
  • スーパーサラリーマン左江内氏
  • 孤独のグルメ
  • ハリーポッターシリーズ
  • スパイダーマンシリーズ
  • インターステラー
  • 鬼滅の刃
  • 名探偵コナン
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • ソードアート・オンライン
  • しゃべくり007
  • 月曜から夜ふかし
  • 旅猿 など

Huluの登録方法

Huluの登録手順を実際の画面を使って解説します。

STEP.1
公式サイトに移動する
huluの登録方法①

Hulu公式サイトに移動したのち、「今すぐ無料でお試し」をタップします。

STEP.2
情報を入力する
huluの登録方法②

名前、生年月日、メールアドレスなどを入力します。

STEP.3
支払い方法を選択する
huluの登録方法③

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるのでご安心ください。

STEP.4
登録完了
huluの登録方法④

「2週間の無料トライアルを開始」をタップし登録完了です。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

35歳の少女のあらすじ・出演キャスト

あらすじ
幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美はその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。
病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。
引用元:日本テレビ『35歳の少女』公式サイト
出演キャスト
時岡 望美…柴咲 コウ
広瀬 結人…坂口 健太郎
今村 進次…田中 哲司
今村 達也…竜星 涼
今村 加奈…富田 靖子
相沢 秀男…細田 善彦
林田 藤子…大友 花恋
時岡 愛美…橋本 愛
時岡 多恵…鈴木 保奈美

35歳の少女の感想まとめ

当サイトでは、35歳の少女の初回放送を視聴した人の感想を集めてみました。

現代版浦島太郎のようなドラマで、とても興味深く見させてもらいました。35年という年月が望美を取り巻く環境をここまで変化させた残酷さ…。そして同時にどこの家庭も実際に起こり得ている変化を体現していて今後がとても楽しみです。視聴者が、あっ、うちも一緒だ…と共感しつつ、かつ子供達が感じる孤独を再び考えながら観れるドラマになっていると思います。
35年ぶりに望美の記憶が戻ったことで、これから時岡家の家族関係にどんな変化が訪れるのかは見所の一つです。バラバラだった家族を望美がどのように結びつけていくのか、はたまた、バラバラのままなのか。現代に生きる多くの家族に生きるヒントを与えてくれそうです。
柴咲コウさんの、演技力も見所の一つです。特に、35年という年月を経てすっかり変わり果ててしまった家族。思いを寄せていた初恋相手の変わり果ててしまった様子を見てギャンギャン泣く様子は、10歳の少女そのものでした。お気に入りの人形を抱えて、見事に、少女の感情をストレートに表現する演技には見入ってしまいます。これから望美自身の感情面がどんな風に成長していくのか、とても興味深いストーリになっていること間違いなしです。
少し変わった少女だったかもしれないと思いました、望美さん。度胸がいいんですよ。彼女なら、衝撃を越えて、すっかり回復していくハッピーエンド・ドラマが成し遂げられる。そんな気がしました。自分というものが小4なのに、かろうじてできていた。その後の事故だったと思ったんです。
その時の同級生の広瀬結人(坂口健太郎)が以前小学校教諭をしていて、話していました。この伏線は大きかった。「小4で、子どもによっては自分の個性や長所ができかけてくる。それを見守り、アドバイスしていくのは幸せ」。10歳で事故に遭い、25年間意識のなかった望美は、気づいて、突然の老化に、泣きわめき、悲しみ。「こんなの望美じゃなーい」と。その時目に入った様子は、既に自分が出来つつあったみたいだなと。こんな中、事理弁識能力を確立していかなければならない大事な時を迎えてしまっています。
当時の作文や習慣、時事問題、流行、思い出して、サポートしていってあげないと。その時の、彼女の癖。もしかして、一癖あるような。明るくて元気だったそうなので、気を紛らわせながら、そっと。家族に頑張ってほしいと思いました。自慢の点もその時代にあったんじゃ。随分経ちましたね、25年。気の強さも回復の原動力になってほしいと思いました。
10歳のころに事故にあいそのまま25年間眠り続けていた望美を中心に進む物語です。
第一話を見て一番思ったことは、時って残酷ということでした。
心は事故にあった時から成長していない望美なのに、実際は35歳になっているし、優しかった母も、頼れる父親も、可愛かった妹も、挙句の果てには初恋の結人ですら変わっていたのです。
私たちは日々を過ごしている中で時って残酷だなと思うことは少ないですが、実際は時が経つにつれ夢や希望など大切なものを失ってしまっているのかもしれないと強く考えさせられました。
また、大人なのに子供、話せないという難しい役なのに、望美を演じる柴咲コウさんは本当に純粋無垢な少女を演じきっており、大声で泣くシーンは圧巻で鳥肌がたちました。
本当に難しい役なのに、役を我が物にしてしまえるのは実力派女優である柴咲コウさんだからでしょう。
その点も含めてキャスティングは最高だと思いました。
今後の展開ですが、彼女はとても楽しい人生を送れるはずだった25年間を失っているわけです。
それを悔やむ日が来るのか、それとも今後の人生が充実していき特に悔やむことがないのか。
私としてはそこが一番気になります。
難しい題材ですが、どのように終結するのか見どころだと思います。
とにかく柴咲コウの圧倒的高演技力に、これまでにないくらい感心しました。見た目は完全に大人なのに、心は10歳という考えるだけでも非常に難しい役所を丁寧にしっかりと演じていました。特に1話を見て印象的だったのが、泣きじゃくるシーンです。
わめいている声の出し方や、体の動きは10歳の女の子そのものにしか見えませんでした。主演女優賞をもう彼女にあげたいくらいです。坂口健太郎は、あのルックスでいい雰囲気が最初出ていたので好印象を持って見ていましたが、彼は彼でいろいろ抱えていて実は他の人が思っていたようなキャラクターではなく、衝撃的でした。
他にも、主人公の家族の関係に多くの問題があるなど、想像していたストーリーとは違ってますます次の展開が気になっていく気がしました。これから柴咲コウ演じる主人公がどのように社会に溶け込んでいくのか、また彼女の家族やその周りの人達にはどのような未来が待っているのか、非常に楽しみです。
この作品は、シリアスな雰囲気漂うドラマが好きな人や、現実ではなかなかあり得ない話が見たいという人に、ぜひ2話からでも見てみてほしいです。最初のドラマの導入から、ストーリーに引き込まれること間違いなしです。
主人公を演じる柴咲コウさんの演技力惹きこまれました。自転車事故によって10歳から25年間眠り続けた主人公・望美が35歳となって目覚めるという奇跡が描かれていましたが、25年という月日によって変わってしまった家族や環境に馴染めない姿は胸が痛み、子供の時に感じていた幸せや温かい未来が思い描いていたものと全く違ったものになっており、時折望美の心の声で聞こえる「悪夢だ」というセリフが呑み込めない事態を強く感じさせます。
また、25年ぶりに目覚めたことを喜ぶべき家族は、25年自分が眠り続けたことでバラバラになってしまった現実と同級生が抱える現実のリアルさに耐えきれず泣き出すシーンに10歳のままで止まってしまっている望美を強く感じさせました。「目覚めなめればよかった」と受け止められない現実に涙する姿は心傷みましたが、坂口健太郎さん演じる結人を25年前の結人と望美の中で繋がったことが現実を受け止める希望になったと感じさせました。
結人も望美が初恋であり、その初恋をした時代のまま止まっている望美にどう関わりを深めていくのか目が離せないと感じました。また、現状に絶望を感じている結人が希望に溢れた10歳のままである望美から何を学び、希望を見出していくのか、二人の関係性の変化にも期待が高まりました。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です