【公式無料動画】北の国からの配信をフルで全話視聴する方法|出演キャスト・あらすじ感想

北の国からのアイキャッチ画像

1981年10月からフジテレビ系で放送され、現在まで多くの人に愛される「北の国から」。

本記事では北の国からを無料で視聴する方法を紹介します。

ポイント
  1. 北の国からはFODプレミアムで独占見放題
  2. FODプレミアムは初回2週間無料体験ができる
  3. フジテレビの歴代ドラマやバラエティーも見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

北の国からの動画を無料でフル視聴する方法

北の国からの動画はフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

  • 北の国から 全24話
  • 北の国から’83冬
  • 北の国から’84夏
  • 北の国から’87初恋
  • 北の国から’89帰郷
  • 北の国から’92巣立ち
  • 北の国から’95秘密
  • 北の国から’98時代
  • 北の国から’02遺言

北の国からはFODプレミアムで独占見放題

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円の動画配信サービスですが、2週間無料体験ができます。

2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

FODプレミアムの料金・無料体験を解説

FODプレミアムはフジテレビで放送された歴代のドラマやバラエティーが見放題の動画配信サービスです。

FODプレミアムの概要をまとめると次の通り。

FODプレミアムの概要
  • 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題
  • 毎月もらえる1,300ptで新作やレンタル作品も無料視聴できる
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 2週間無料体験ができる
  • 無料体験中に解約した場合、料金は一切かからない
FODプレミアムの解説画像

FODプレミアムで見放題のその他ドラマ

FODプレミアムで見放題の人気ドラマを紹介します。作品数が多いので、ここに記載できるのは一部のみです。

  • リッチマンプアウーマン
  • コンフィデンスマンJP
  • 好きな人がいること
  • HERO
  • PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~
  • ラストシンデレラ
  • 絶対零度
  • SUITS/スーツ
  • 監察医朝顔
  • 東京ラブストーリー
  • のだめカンタービレ
  • ガリレオシリーズ
  • Dr.コトー診療所 など

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を実際の画面を使って解説します。

STEP.1
公式サイトに移動する
FODプレミアム入会①

FODプレミアム公式サイトに移動し、「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
FODアカウントを作成する
FODプレミアム入会②

FODアカウントを作成します。メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

STEP.3
支払い方法を選択する
FODプレミアム入会③

無料体験ができる「クレジットカード」か「amazon pay」にチェックを入れます。

STEP.4
無料期間を確認する
FODプレミアム入会④

無料体験の期間が表示されるので、スマホのカレンダーなどにメモしておきましょう。

STEP.5
登録完了
FODプレミアム入会⑤

クレジットカード情報を入力して登録完了です。
無料体験中に解約した場合は、クレジットカードが自動的に消去されます。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

北の国からのあらすじ・出演キャスト

あらすじ
半年前、妻の令子(いしだあゆみ)に去られ、東京の暮らしに嫌気がさした黒板五郎(田中邦衛)は、二人の子ども、純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)をつれ、故郷の地でやり直すために晩秋の北海道・富良野に帰ってきた。 市街からさらに20キロ奥地に入った麓郷(ろくごう)という過疎村に朽ちかけた五郎の生家が残っていた。どうにか住めるように修理した家で、電気もガスも水道もない原始生活が始まった。 都会育ちの子どもたち、とくに純は、東京でガールフレンドの恵子ちゃんから聞いたロマンチックな北海道とはおよそかけはなれた厳しい現実に拒絶反応を示す…。
引用元:FODプレミアム公式サイト
出演キャスト
黒板 五郎…田中邦衛
黒板 純…吉岡秀隆
黒板 蛍…中嶋朋子
黒板 令子…いしだあゆみ
宮前 雪子…竹下景子
木谷 凉子…原田美枝子
山本 恵子…永浜三千子
北村 草太…岩城滉一
北村 清吉…大滝秀治
北村 正子…今井和子
中畑 和夫…地井武男
中畑 みずえ…清水まゆみ
吉本 つらら…熊谷美由紀

北の国からの感想まとめ

当サイトでは、北の国からが好きな人の感想を集めてみました。一部ネタバレを含みますが、ご了承ください。

倉本聰さんの作品らしい、北海道の自然の素晴らしさや雰囲気を存分に味わえる作品です。この作品を見るまで、北海道はどんな所なのかぼんやりとしか知りませんでしたが、北海道の自然の美しさだけでなく厳しさまでしっかりと知ることができました。
そして出演している俳優さんたちもこの作品の雰囲気にぴったりでとてもよかったです。まずは主演の田中邦衛さんです。独特な喋り方がなんだか可愛らしくほっとさせられました。ドラマの中でこんなにも自然体でいられる俳優さんはいないと思います。田中さんの表情を見ているとなんだか切なくなっしまうことが多々ありました。
男で一つで子どもたちを育てるというのは大変なことですが、それをどうにかなるさと明るく生活していく五郎はとても頼もしく、素敵でした。そして純を演じる吉岡秀隆さんはとても可愛らしく、胸がキュンとなってしまう場面がいくつもありました。どこか田中邦衛さんとも似ているところがあって、なんとも言えない表情が魅力的でした。
そして螢を演じる中嶋朋子さんも子役とは思えないような自然体の演技を見せてくれました。ストーリーも家族の愛を改めて感じさせてくれる温かい作品で、ずっと心に残りました。
離婚した夫婦の父親が子供の養育権を取り、北海道に移住していきます。北海道と言ってもいろいろでしょうけれど、東京で生まれ育った子供たちには驚くような土地でした。電気も水道もありません。冬を越すのは無理だと現地の人にも言われますが、古い家を修理しながら、傷ついた家族が協力し合って暮らしていく場面には感動しっぱなしでした。
純君の東京や東京にいる友達、母親を恋しがる気持ちと一緒に暮らす妹や父親を慕いながらなかなか素直になれずに自分の気持ちを伝えられない気持ちにとても共感できました。繊細な心を持ちながら周囲にとけこむことができず、孤独に向き合わなければならなくなった子供の心はなんと寂しいことだったでしょう。
また北海道に暮らす人たちの温かさ、自然の美しさ、自然との戦いも愚痴一つ言わず、日常生活のようにやってのける強さにも惹きつけられました。主な登場人物はみんな大好きですが、一番好きなのは子供時代の純と竹下景子演じるゆきこ、それと原田美枝子演じる小学校の先生です。純が東京にいる友達に綴る手紙で語り掛けるのが悲しく切なく、東京への思いと新しい土地でやり直していく希望が入り混じった少年の心が伝わってきます。
成長するにつれ、家族はそれぞれの人生を歩いていくようになりますが、やはり家族の絆の強さは残っていく物語です。
これはかなり有名なドラマなのではないかと思いますし、知っている人たちもかなり良いドラマなのではないかと思います。非常に感動的なドラマだと思いますしこれもとても長く続いていたドラマでもあります。
20年以上にわたり続いていたドラマだったので、いろいろなエピソードなどもありますし、後世にも伝わる位感動的な話もあります。
黒板五郎さんのキャラクターが非常に良かったのではないかと私は思っています。
優しいお父さんという感じでこの人物が一番魅力的なのではないかと思います。
そして北海道の大自然を見ていくことができるのはとても見所だと思いますし、自然豊かな光景をドラマの中で見ていくことができて癒されます。
ドラマとしてもかなり面白いドラマです。
好きな台詞は「子供が食べてる途中でしょうが」というセリフですがこれは深いセリフであり、やはり自分のことだけしか考えていないような自己中心的な性格の人はどなられりときが来るという、ことを伝えていると思います。
いくら大人でも怒鳴られるときが来ると言うことを伝えているのではないかと思いました。
好きなキャラクターたちも数多く出ているドラマなので、見ていて癒されると言うこともありますしストーリーに注目してみても面白いストーリーが多くいいです。台詞も感情的で熱い台詞が多く納得できます。
北海道富良野の自然の美しさを全国に発信したドラマでした、富良野の山奥へ東京から戻ってきた親子は、自然と共に暮らすこと決めて、一昔前の生活をはじめ、その中で描かれた自然の驚異や、子供たちの成長の姿、長年にわたり、スペシャル版が作られたシリーズになり、それが今の富良野の人気に火を着けけ多くの人が訪れるきっかけになった作品です。
多くの名シーンが心に残るのですが、私の思いでのシーンは小さな食堂で娘が食べていたラーメンを片付けようとした店員に行った「娘がまだ食べているでしょう」、そして息子が東京へ行くときのシーンで、トラックに乗せてもらい、トラックの運転手から手渡された封筒に入った3万円の場面でも札に付いた土の跡、親父が、どの様な思い出このお金を用意したのかがせつなくなる場面でした。
作物を作り、大雨で全て流されてしまうシーンや、さだまさしの今にも北海道の大自然を思わせる曲と、すべてが洗練されたドラマの作りで、一人の家族の一生を描いたような壮大なドラマになっていました。数多くの名場面には涙す方も多いの出はなかったでしょうか、今では作る事の出来ない様な長編のドラマでした。ドラマの中でも名作だと思います。
美しい北海道の自然が満喫出来る人間味が深すぎるほど深いストーリーは見始めると次が気になり止まらなくなります。
このドラマには心底悪い人がほとんど出てきません。都会の人とは違う部分が大きいのかもしれませんが、みな正直な人ばかりです。
正直ゆえに問題が起きると見ていて切なくなります。都会に出た純や蛍はそれぞれに傷つき故郷の富良野に戻ってきます。
もともと東京育ちの二人が、心のより所として戻るのは父親のいる富良野だと言う事はやはり人間らしく生きられる場所と言う事なのではないかと感じます。
不安定だった純と蛍が「時代」の頃になるとしっかり安定してきているように感じます。
父親を鬱陶しがっていた頃もありましたが、やっと不器用な父親の本当の意味での深い愛情を理解出来るようになったと見ていてとても嬉しくなりました。
蛍が結婚式の前に父親と布団を並べ、父と母の結婚した時の話を聞きます。
一時は疎遠になっていた二人が布団を並べて心を通わせるシーンはそれまでの全てを洗い流しているようで感動しました。
やはり人は良い経験も悪い経験もして初めて成長できるのだと思います。
北の国からを見ているとすごく切ない気持ちになるのは否めませんが、見ながら自分の人生を振り返っている自分を感じます。人生は物で飾る必要はなく、人の心が一番大切なんだと思い知らされる本当に深いドラマです。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です