【公式無料動画】MIU404の見逃し配信を1話からフルで全話視聴する方法|出演キャスト・あらすじ感想

MIU404のアイキャッチ画像

2020年7月期にTBS系で放送されたドラマ「MIU404」。綾野剛さんと星野源さんのバディが最後まで話題となりました。

本記事ではMIU404を無料で視聴する方法を紹介します。

ポイント
  1. MIU404はParaviで独占見放題
  2. Paraviは初回2週間無料体験ができる
  3. TBSの名作ドラマやバラエティーも見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

MIU404の動画を無料でフル視聴する方法

MIU404の動画はTBSが運営している動画配信サービスのParaviで独占見放題です。

全11話を広告なしのフルで視聴できます。

MIU404はParaviで独占見放題

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円(税込)の動画配信サービスですが、2週間無料体験ができます。

2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

Paraviの料金・無料体験を解説

ParaviはTBSで放送された名作ドラマ・バラエティーなどが見放題の動画配信サービスです。

Paraviの概要をまとめると次の通り。

Paraviの概要
  • 月額1,017円でTBSの人気ドラマ・バラエティーが見放題
  • クールドラマの見逃し配信もあり
  • 2週間無料体験ができる
  • 無料体験中に解約した場合、料金は一切かからない
Paraviの図解

Paraviで見放題のその他ドラマ

Paraviで見放題のドラマやバラエティーを紹介します。作品数が多いので、ここに記載できるのは一部のみです。

  • 半沢直樹
  • 私の家政夫ナギサさん
  • MIU404
  • ブラッディ・マンデイ
  • 恋はつづくよどこまでも
  • テセウスの船
  • アンナチュラル
  • グランメゾン東京
  • GOOD LUCK!!
  • MR.BRAIN
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 大恋愛
  • 凪のお暇
  • ビューティフルライフ
  • 水曜日のダウンタウン
  • パパジャニWEST
  • マツコの知らない世界
  • モニタリング
  • バナナマンのせっかくグルメ
  • モヤモヤさまぁ~ず など

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を実際の画面を使って解説します。

STEP.1
公式サイトに移動する
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動したのち「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成する
Paraviの登録方法②

Paraviアカウントを作成します。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力する
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択する
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択したら、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心してください。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

利用規約に同意にして「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

MIU404のあらすじ・出演キャスト

あらすじ
警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。
伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。
そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?
引用元:TBS『MIU404』公式サイト
出演キャスト
伊吹藍…綾野剛
志摩一未…星野源
桔梗ゆづる…麻生久美子
九重世人…岡田健史
陣馬耕平…橋本じゅん
我孫子豆治…生瀬勝久
…菅田将暉
謎の女…黒川智花

MIU404の感想まとめ

当サイトでは、MIU404が好きな人の感想を集めてみました。一部ネタバレを含みますので、ご注意ください。

新たに設置された第4機動捜査隊の個性豊かなメンバーが、事件に関わりながらまとまっていくストーリーです。
走る事に関して誰にも負けない速さを誇る伊吹と、常に冷静さを持ちながらクールに立ち回る志摩が、ギャップと違和感を感じながら事件に立ち向かいます。
一つの事件の始まりに関わり、初動捜査を行いながら他の刑事達とは違った視点で事件を見て、人間味のある解決を模索します。
伊吹も志摩も過去の思いと闇を抱えながら、事件関係者に向き合います。
本能的に行動して真っ直ぐな気持ちをもつ伊吹の純粋さと、過去の後悔を抱えて誰も信じられなくなっている志摩の、ギクシャク感から徐々にコンビネーションが取れてくる所にホッとします。志摩の頑なな気持ちに、想定外の行動で振り回しながら入り込める、伊吹の行動が優しく感じられます。
捜査車両を壊して代車がメロンパン販売ワゴンという、奇妙な車で捜査と車の中の2人のやり取りが、信頼度が増してきて楽しめました。
「久住」という正体不明の犯罪者を追うところと、うまく逃げられて悔しがりながら追い詰めていく所が、現代のネット社会の闇の部分を複雑に表しています。
犯罪を犯して逃げ切ろうとする久住を、特定し追い詰める辺りは、ヤラレっぱなしの警察ではないという意思表示が見られて安心します。
伊吹と志摩の信頼関係も増して、チームメンバーともコミュニケーションが取れて、いい形になった時に問題が起こります。桔梗隊長が、機動捜査隊のトップから外れてチームの危機感が増します。
お互いを思う余り個人行動をとり、久住に監禁されてしまう志摩と伊吹が、共同して久住を追いかけるコンビネーションは絶妙でした。
揉めながら関係性を築いて、信頼し合うバディが誕生して地域を守る姿に期待してしまいます。
志摩と伊吹のバディが最高のドラマでした。
第一話の放送から二人の相性の良さが表れていて、お互いに足りないものを持っていてそれを補える関係性が素敵だなと感じたのですが、回を増すごとにそこにボキャブラリーが加わって、コンビとして信頼関係が強まっていることを感じさせてくれました。
一見いい加減に見える伊吹ですが、そこにはちゃんと信念があって、誰よりも人を信じている伊吹の純粋さがちゃんと表現されていてかっこよかったです。
ドラマのストーリーとしては、刑事ドラマなのでダークなテーマが多くて、見終わった後にすっきりとすることは少なかったのですが、なぜか次回を観たくなるような展開になっていることがMIU404のすごさだと思います。
もう一組のバディである九重と陣馬の二人も最初は仕事以外の話はしない関係だったのに、新人の九重が陣馬のすごさを理解していく様子が描かれていて、刑事としてだけじゃなく、人として成長していくところも表れていてよかったです。
最終回は衝撃的な結末で、一時は絶望さえ感じるような展開だったのですが、そのまま終わらなくて本当によかったと思いました。
MIU404のファンとしては、次回作が望めるようなラストだったのでよかったなと思いました。
ドラマを観る前の綾野剛のインタビューを聞いていて最高のドラマが出来上がったと言っていて凄い自信満々だなと感じていました。なのでまあそこまで綾野剛がいうなら観ようとなって観たんですが綾野剛の発言は間違いなかったです。
社会に問いかけるような場面もあれば感動的な場面もあり伊吹と志摩の捜査というのもスリルがあって見応えがありました。
個人的に1番好きなのは伊吹が桔梗に隊長のこと好きだわといきなり告白のようなことをするシーンです。桔梗を好きな志摩がムキになってしまってか手錠を伊吹にかける場面はMIU404らしくて記憶に残りました。
最終回で久住が伊吹に捕まる前に頭をぶつけて伊吹に殴られたように見せるのも印象的でした。それを屋形船にいる人間に見せて証人にさせるという策略は凄い発想でした。
しかしその屋形船の客達が久住が作ったクスリでおかしくなっていたという結末は最高のブーメランだなと感じました。このシナリオはなかなかよく出来ていて本当にセンスがあって秀逸でした。
捨て身の志摩というのも見てもらいたい場面で犯人に銃を突きつけられた狂気の志摩というのは本当に凄かったです。星野源がこれほどまでにシビアな演技が出来るのかと驚かされたシーンです。
このドラマは志摩と伊吹のバディが、とても面白かったです。志摩はいつも伊吹に振り回されているのが、見どころです。伊吹はまっすぐでひたすら突き進んでいくところが、見ていてハラハラしました。機捜として日々全力で事件に向き合っていくところが印象的です。
特に久住を探すところは大変だったけど、頑張っていたのが良かったです。久住の逃げ足が速くて、いろんな方法を使ってくるのが怖かったです。なかなか久住の意図を読むことができない中、諦めないところがかっこよかったです。
久住はどんな時も余裕な感じがすごいなと思います。大胆なことをしても焦ることないし、高笑いが特徴的だなと思いました。ドローンやネットを使っていくのが、今時で見ていて面白かったです。
志摩と伊吹の信頼関係も、どんどん深くなっていくのが良かったです。なんだかんだ二人のバディは息ピッタリです。伊吹の全力疾走はいつ見ても気持ちよかったです。志摩は先回りしていくところが、連携がとれていて見どころです。
二人が犯人を追うところはいつも勢いがあって、見ていてワクワクします。なんとか確保しようと真剣な姿は、とてもかっこいいです。二人の集中力が半端ないと思います。
1回目から迫力あるドラマで、捜査車両でのカーチェイスがとても印象的でした。あおり運転の車が横断歩道に突っ込むのを阻止するために、捜査車両をスピンさせて食い止めた時は驚きでした。昭和の西部警察を思い出すかのようでした。おまけに廃車になって、桔梗隊長に怒られて、次の捜査車両がメロンパン屋さんの車だったことが面白かったです。
また、理性的な志摩と運動バカが伊吹のバディが、はじめはどうなるかなと思っていたけど、だんだんと息が合ってきて、ラストにはお互いをわかり合い信頼している感が伝わってきました。
脚本が野木亜紀子だからか、セリフの掛け合いがとても面白くて、リズミカルに進んでいく会話がとても良かったと思いました。久住を追い詰めるためにナウチューバーの協力をえて、連絡を取っていた志摩と伊吹でした、久住側から丸見えだった場面では、久住の賢さや用心深さ、人を信じない心がよくわかりました。
ドローン爆弾の偽動画や偽SNSで警察の動きをほんろうさせていたところに久住の計画性を感じました。賢い久住のおそろさしも感じました。人をコマのように利用して、ヤバいと思うと切り捨てる久住のドライさもイマドキの若者らしさを感じました。続編が直ぐにでも見たいドラマです。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です