【公式無料動画】グランメゾン東京の配信を1話からフルで全話視聴する方法|木村拓哉・あらすじ感想

グランメゾン東京のアイキャッチ画像

2019年10月期にTBS系で放送されたドラマ「グランメゾン東京」。これぞキムタク!と言いたくなるほど木村拓哉さんの演技が光った名作ですね。

本記事ではグランメゾン東京を無料で視聴する方法を紹介します。

ポイント
  1. グランメゾン東京はParaviで独占見放題
  2. Paraviは初回2週間無料体験ができる
  3. TBSの名作ドラマやバラエティーも見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

グランメゾン東京の動画を無料でフル視聴する方法

グランメゾン東京の動画はTBSが運営している動画配信サービスのParaviで独占見放題です。

全11話がフルで視聴できます。

グランメゾン東京はParaviで独占見放題

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円(税込)の動画配信サービスですが、2週間無料体験ができます。

2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

Paraviの料金・無料体験を解説

ParaviはTBSで放送された名作ドラマ・バラエティーなどが見放題の動画配信サービスです。

Paraviの概要をまとめると次の通り。

Paraviの概要
  • 月額1,017円でTBSの人気ドラマ・バラエティーが見放題
  • クールドラマの見逃し配信もあり
  • 2週間無料体験ができる
  • 無料体験中に解約した場合、料金は一切かからない
Paraviの図解

Paraviで見放題のその他ドラマ

Paraviで見放題のドラマやバラエティーを紹介します。作品数が多いので、ここに記載できるのは一部のみです。

  • 半沢直樹
  • 私の家政夫ナギサさん
  • MIU404
  • ブラッディ・マンデイ
  • 恋はつづくよどこまでも
  • テセウスの船
  • アンナチュラル
  • グランメゾン東京
  • GOOD LUCK!!
  • MR.BRAIN
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 大恋愛
  • 凪のお暇
  • ビューティフルライフ
  • 水曜日のダウンタウン
  • パパジャニWEST
  • マツコの知らない世界
  • モニタリング
  • バナナマンのせっかくグルメ
  • モヤモヤさまぁ~ず など

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を実際の画面を使って解説します。

STEP.1
公式サイトに移動する
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動したのち「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成する
Paraviの登録方法②

Paraviアカウントを作成します。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力する
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択する
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択したら、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心してください。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

利用規約に同意にして「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

グランメゾン東京のあらすじ・出演キャスト

あらすじ
舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。
その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。
その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。
引用元:TBS『グランメゾン東京』公式サイト
出演キャスト
尾花夏樹…木村拓哉
早見倫子…鈴木京香
平古祥平…玉森裕太 (Kis-My-Ft2)
芹田公一…寛 一 郎
蛯名美優…朝倉あき
松井萌絵…吉谷彩子
峰岸剛志…石丸幹二
柿谷光…大貫勇輔
丹後学…尾上菊之助
リンダ・真知子・リシャール…冨永愛
久住栞奈…中村アン
江藤不三男…手塚とおる
相沢瓶人…及川光博
京野陸太郎…沢村一樹

グランメゾン東京の感想まとめ

当サイトでは、グランメゾン東京が好きな人の感想を集めてみました。

オープンしたばかりのフレンチレストランを舞台に、三つ星獲得を目指して奮闘する様子が見ごたえのある作品です。主人公のシェフ・尾花夏樹は我が強くて少し近寄りがたい印象がありましたが、その料理の腕には毎回驚かされました。
尾花役を演じられた木村拓哉さんは料理ができるイメージがあったので、料理シーンでの振る舞いも自然でかっこよかったです。尾花は不器用で誤解されることも多いですが、以前働いていたパリの有名三つ星レストランでの出来事の真相を知ったときはその優しさに感心しました。
尾花と一緒に店を開くことになった早見倫子は、一生懸命で明るい性格に好感を持てました。絶対味覚の持ち主でである点も、料理人として生まれ持った才能を持っていると感じました。尾花と倫子は口喧嘩をすることも多いですが、お互いの才能を認め合っていることが伝わってきました。
他のスタッフについても各ポジションの一流が集まっていて、このようなレストランが実際にあったら行ってみたいと思いました。過去の出来事が原因で簡単には上手くいかないこともありましたが、少しずつ店にお客が集まり有名になっていく様子にワクワクしました。見た目も美しい料理に胸が高鳴り、目標を達成していく様子に刺激を貰えた作品です。
三ツ星フレンチレストランを目指す物語でしたが、毎回、美味しい料理を見ることが出来、目の保養になりました。
この業界の裏でうごめく様々な思惑がある中、グランメゾン東京のスタッフたちは、黙々と料理を作っていた印象がありました。
この店が成功していく過程の中で、スタッフたちのそれぞれの過去があぶり出され、そして解決していったように感じました。もし、続編があるのであれば、再び観てみたいドラマです。
この仕事はかなりハードで、3時間しか寝ない日もあったようです。
倫子は女性ということで、他の男性スタッフよりも体力的にかなり大変だったと思います。実際、彼女が倒れてしまうシーンもあり、大丈夫なのかと心配になりました。
それでも彼女の気力が勝ったようで、それ以降は大丈夫そうでした。
途中、食中毒問題やアレルギー問題など、さまざまなことがありました。
それでも何とか乗り越えてこられたのは、やはり彼らがフランス料理が大好きで、この仕事を愛しているからなのだと思いました。
恋愛要素も少し含まれていましたが、ほとんど仕事に関しての話題のようで、その点も良かったです。
私は今までミシュランの星が付くようなレストランに行ったことはありません。ですが、このドラマの影響もあり、今度ぜひ行ってみたいと思うようになりました。
見る前までは、正直「また『キムタク』っぽい感じかな…」とあまり期待はしていませんでした。ところが、最初の設定が「実力はあるけど業界からははじかれているシェフ」ということで、今までとはちょっと違う感じ?HEROの時のアウトローとはまた違う印象でした。
また、鈴木京香演じる倫子との掛け合いも「おじさん」「おばさん」といつまでも若い感じではなく、年相応の役柄で「若いのに実力がある」というのではなく、今までの経験をきちんと積み重ねてきた、という役設定が魅力に感じました。
前は仲間だったけど、トラブルによってバラバラになってしまった仲間たちが、少しづつ集まってくるところは『王道』を裏切らない展開で、ある意味安心してみていられました。
ストーリーの中に特に気になっていたのは、倫子と木村拓哉演じる尾花と沢村一樹演じる京野の関係性でしたが、お仕事ドラマの中のちょっとしたスパイスになる程度で、深くは描かれていなかったのは少し残念なような、これでよかったような?
お料理は毎回おいしそうで、フランス料理は全く食べないので目で楽しませてもらいました。尾花だけでなく、周りの料理人たちも自分のプロフェッショナルな部分をきちんと持っている、ワンマンなチームではなくてみんながいるからこそ出来上がるグランメゾンだと描かれている、すっきり爽快なお仕事ドラマでした。
gakuのオーナー江藤がボロボロの状態になった際に酷い仕打ちを受けた丹後が戻ってきたのが印象的でした。正直、丹後がグランメゾン東京に加入するというのが個人的には見たかったんですが、なかなか心優しく器がデカすぎる男だなと感じた瞬間でした。
このドラマの中で1番真っ直ぐな男が丹後だったなと感じました。そしてこの出来事から改心する江藤というのもやたらと記憶に残ってしまいました。人間、改心するには自分が被害にあって痛みが分かれば人に優しくするんだよなと感じました。
ドラマを通して1番好きな登場人物は芹田でした。脇役ではあるんですが情熱がありすぎて尾花に向かっていったりとアグレッシブさがありました。前のめりになりすぎてポカをやったり江藤にグランメゾン東京の情報を教えたりしましたが根が真面目なんでちゃんと謝罪したりと好感が持てる存在でした。
いるだけで場を盛り上げて和ましてくれる芹田は結構必要不可欠な人材だなと思い見ていました。後はやはり尾花を演じる木村拓哉の存在感というのは半端じゃなかったです。どんな役をやってもキムタクと揶揄されたりしますがある意味それで良いじゃ無いかと感じるほどオーラがありました。
尾花は倫子に星を獲らせてやるよと言って本当に獲らせるあたり格好良かったですね。
ただ性格は難があるから倫子をはじめとする周囲の人たちはだいぶ振り回されましたけどね。
でも性格に難はあっても料理の腕前だけはみんな認めてましたね。
前の店を辞めたのも国賓のお客様に出したメニューで部下の祥平が作ったものでアレルギーを発症し倒れてしまいその責任を取ったって事だから難しい性格だけど筋を通すとこは通すんですよね尾花夏樹は。
当初倫子と2人でグランメゾン東京を始めるってなった時も京野や相沢、祥平あたりは物凄い拒否反応を示していましたよね。
それを全て料理の味がうわまってしまったんでしょうね。そこには新たに萌絵のように尾花の元で勉強したいと言ってやってくる子もいるし。
美味しい料理を提供するだけでなく料理を通して相沢のように夫婦仲を取り戻した例もあるし尾花の料理からいろんな事に発展していってましたね。
最初はあんなにギクシャクしていた人間関係が最後厨房に入ったら立派な1つのチームになっていましたね。
えっ!こんなに結束力あったっけって思うぐらい。
ただこのメンバーを統括していた倫子が一番苦労していたんでしょうけど最後に星を獲れたことで報われたのかな。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です